>

カードの示す意味を読み解こう

最後は型から離れる「離」

最後は「離」
型から離れて自分流を見つけたらもう大丈夫です。
それは貴方のスタンスですし貴方のタロットのやり方です。
型を離れてアレンジをくわえることによりそのタロットのスタンスができあがります。

型から離れ、型を破り、型から離れることこそが一番の最短学習だと思います。

タロットを読み解く際にひとつ、必要なものがあります。
それは「人生経験」です。
いろいろな経験や体験をして得られる知識や気持ちがあります。
これらがあるからこそカードが何を指し示すのかもわかるのです。
この経験がないとカードが指し示す意味を薄っぺらくとらえがちです。
ですから、よかったこと、嫌だったこと、多々あると思いますが人生経験を積んだうえでカードを客観視するとよいでしょう。

呪いがかかるタロット

タロットカードと聞くと神秘駅ですからついつい何でも占ってみたくなりますよね。
でも、タブーもあるんです。
それは「自分を占う事」です。

何故、これが良くないかというと邪念です。
カードを扱っている人も人間です。
ですから、もし自分のことを占おうとしたらついつい自分によい結果がなるように仕向けてしまうかもしれません。
何度もやり直したり、カードを切り直したりしてしまうでしょう。
よい結果になるまで繰り返しやり続けるかもしれません。

ですから、自分を占ってはいけないのです。
ジプシーのタロット占いでは自分のことを占うと呪いがかかるなんて言われています。
怖いですね。
ですから興味本位で自分のことを占うのはやめましょう。


この記事をシェアする